久保 隼選手 プロフィール

ボクシングを始めたキッカケは?

父がアマチュアでボクシングをしていて、トロフィーなどが家にあったので自然にボクシングをしたい気持ちになりました。5年生の時に一度親にボクシングをしたいと言ったのですが反対されて、中学になってから再度お願いして、始めました。最初は父親と家の狭い廊下で練習していました。

久保選手にとってボクシングの魅力は?

試合のリングに上がるのは選手だけで個人競技ですが、試合に向けて多くの方の協力を得ます。その皆の力を結束させる素晴らしいスポーツです。
孤独で過酷なイメージがありますが、実はたくさんの人々の力が集結して初めて大きなタイトルを取れる団体スポーツでもあります。

今後の目標は?

先日の試合で獲得した世界ベルトを奪われました。
今後は、2階級制覇を目指していきます。